スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表、強さの秘訣は…

↓の富山遠征以来、2週連続で週末の雨…。
4年生は、先週・今週ともにオフとなってしまいました。
オマケに、昨日の第2回OYAZIサッカーも雨天中止…。

でも、どことなく気分がいいのは、やはりこのためでしょう
では、遅ればせながら…
祝!
日本代表決勝トーナメント進出!


↓おさらい
【グループリーグ】
・第1戦 日本 1 - 0 カメルーン
・第2戦 オランダ 1 - 0 日本
・第3戦 デンマーク 1 - 3 日本

デンマーク戦も、平日深夜(早朝?)にかかわらず観てしまいましたよー

ポゼッションされるのは仕方ないとしても、ボールを持った時の展開が素晴らしい。
ランキング上位のデンマークに対して互角以上に戦っていました。

本田の無回転FK、遠藤の芸術的FK…
特に、前回ドイツ大会で出場機会のなかった遠藤のゴールはうれしかったなぁ

試合ごとに目に見えてチーム力が上がっていくのがよくわかりました

結果、グループリーグを2勝1敗で2位となり、ベスト16、
見事決勝トーナメント進出!

今大会は、前回決勝を戦ったイタリアとフランスが予選敗退、
イングランドやスペインなど強豪も苦戦を強いられてなんとか
決勝トーナメント進出を果たすという展開。

そんな中で日本代表がここまで頑張ってくれるとは、
想定外とはいえ、素直にうれしい限りですね

数ある記事の中でも、特に印象に残ったというか、うれしいと思った記事が、これです。

少ないイエロカード、ファール数 日本の強さの秘訣はフェアプレー 産経新聞 (6/25)

決勝トーナメント進出を果たした日本代表チームの特徴は、
出場国32チーム中、トップクラスの少ない警告、ファウル数にある。
逆に多いチームは軒並み一次リーグで敗退しており、
フェアプレー精神が日本をベスト16に押し上げたともいえる。

FIFAの公式データによると、これまで日本がもらった
イエローカードの枚数は3で1試合平均1。
ファウル数は41で1試合平均13.7。
ラフプレーも少なく、退場者はこれまでのところいない。



サッカーでは、よく「マリーシア」(「試合に勝つためのずる賢さ」)という
言葉を聞きますが、日本人はそもそもそれがヘタなのかして、あからさまな
「演技」は似合わないですねw

実直さというか、潔さというか、そのあたりが強くなれない原因とも言われて
いたような気がしますが、今回のこの記事は胸を張っていいことだと思います

そう言いながら、デンマーク戦で遠藤と長友が「遅延行為」としてイエローカード
もらってましたが、まあそれはこんな理由なんでしょうw

ブブゼラ被害でイエローカード、それでもデンマーク撃破の日本代表 (サーチナ)

ま、本当かどうかはわかりませんけどね~

決勝トーナメント1回戦は、 パラグアイ 6月29日(木)KO23:00~
(試合予定は、コチラ

これに勝ったらベスト8、スペインポルトガルの勝者との対戦!!

「フェアプレー」で目指せベスト4!
(本田は「目標は優勝!」って言ってましたね
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。