スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の格言。

2月27日(土) 2010 FUJI XEROX SUPER CUP
鹿島 1 - 1(PK 5 - 3G大阪 (13:36/国立/34,634人)
得点者:20' マルキーニョス(鹿島)、45'+1 加地亮(G大阪)

Jリーグのプレシーズンマッチ、恒例のゼロックススーパーカップがJリーグ王者の鹿島アントラーズと天皇杯王者であるガンバ大阪によって国立競技場で行われました。
1-1のままPK戦に突入した試合は5-3で鹿島が勝利。
ガンバ大阪は残念ながらシーズン最初のタイトルを逃しました…。

PKのガンバ1人目、職人遠藤が何と右上に大きく外すというサプライズ
後半、試合が進むにつれて遠藤の足が止まってたので、いやな予感がしてたんですけど

まぁ「猿も木から落ちる」とうことで

本人の弁にもあるとおり、先週ACLで韓国に行っていた疲労は否めなかったんでしょうね…。

いきなりディフェンスの主力、山口と中澤、キャプテンの明神がケガで出られないという野戦病院状態となってますが、その分若手も奮起してました

来週にはJリーグも開幕し、いよいよワールドカップイヤーの本格幕開けです。
今年も過酷なスケジュールが待ちうけてますね。

それにしても、こんな形で「強制世代交代」が実践されるとはねw

しっかり切り替えて、Jリーグ開幕に備えてほしいと思います
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。