スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表大量輩出…!

G大阪悲鳴「パン・パシ」主力7人抜きへ@ニッカン

「いるメンバーでやるしかないよね。遠藤くらいは
返してもらえるのかと思ってたけど…」。



ていうか、監督「顔」大丈夫?焼けすぎw

主力欠いても「代表輩出歓迎です」…G大阪西野監督は太っ腹!?@スポーツ報知

G大阪・西野朗監督(52)が10日、クラブ選手の日本代表への
大量輩出を歓迎した。東アジア選手権に出場する日本代表には
MF遠藤ら6選手、U―23日本代表にもMF寺田が招集された。
「オレにとってはうれしいことなんだよ」と目を細めた。



明日からパンパシを兼ねたハワイキャンプらしいですが。
何でも、紅白戦も出来ないらしいやんかw
自分の率いるチームから代表選手が出ることはやっぱり
嬉しいんでしょうね。

で、このヒト。
チャンス!播戸400本シュート練習@ニッカン

日本代表FW播戸竜二(28=G大阪)が10日、大阪・吹田市の
万博グラウンドで、計400本ものシュート練習を行った。
・・・
故障者続出で迎える東アジア選手権では、高原、大久保、
巻がいない。代表の一大事は、裏を返せば播戸には絶好機だ。
「チャンスやと思う。こういうチャンスを生かしてきたから、今の
オレがある。オレはケガをしない体を作ってきた。
体はずっといい状態が続いてる」。
浪速の闘魂FWは、ギラギラした目で代表レギュラーの座を
狙っている。



400本てwwwwww!
このチャンス、活かすしかないやろ~!
スポンサーサイト

コメント

播ちゃんのシュート練習の横で…
この日、播戸さんがシュート練習している真横で、西大冠FCのOB11名を擁す城南FCの一年生が、モルテンカップの決勝トーナメント進出を賭けて、ディフェンディングチャンピオンのガンバ大阪と対戦していました。
そういえば、記者らしき人が写真撮ってましたわ。これだったのね。

ちなみに、チームワークと(一部メンバーの)運動量が持ち味の城南FC一年生チームは、最後まで頑張ってはいたものの、多数の交代メンバを持つガンバに技術と選手層の差を見せつけられ、残念ながら決勝トーナメントに進むことはできませんでした。
(私もガンバファンだけど、この日はちょっと複雑な心境でした。v-40

で、今年もガンバ大阪が優勝です。
http://www.osakafa-3.com/tournament/2008MOLTEN/080217.pdf
ムム・・・。
>FCサポーターOBさま
コメント、ありがとうございます!
そうだったんですか~。
相手が相手だっただけに、城南FC諸君もさぞ奮闘しておられたことでしょう!
それにしてもこのスコアって…。
よくわからないですが、CさんもGさんも、J下部組織は彼らだけの大会やってくれるとかいうのはないんですかねぇ…。
それじゃあかえって面白くないでしょうかね…。
違いを知ることも必要ですよね。
決して、城南FCの選手達が途中で試合を投げてしまった訳ではなく、最後まで、精一杯プレーしたにもかかわらずこの結果でした。

ガンバ大阪の選手達は基本がしっかりしていて、ミスをほとんどしませんでした。また、プレーに余裕があって、意味もなく無駄に走っているということもなかったので(交代要員が多かったこともありますが)、その辺りが後半の運動量の違いとして現れた結果というところでしょうか。

まあ、J下部組織だけの大会っていうのがあるのかはわかりませんが、逆に、今回のような大会は、他のクラブチームとJ下部組織との差を感じるには非常によい機会だともいえます。

現に、城南FCの選手達は、勝敗はともかく、ガンバのゴールネットを一度も揺らすことができなかったことをとても悔しがっていましたし。

この悔しさを次へのバネにしてくれればと思っています。v-91
なるほど!
精一杯戦った結果なんですよね!
同世代のトッププレーを体感できる経験なんてあまりないでしょうね。
そういえば、先日の高槻セレクションの愛知遠征でも同じ感覚でした。
ああいうプレーに少しでも近づくためにはどうすればいいのかを考えることもいい経験ですね!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。