スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ、終戦。

12月1日(土) 2007 J1リーグ戦 第34節
広島 2 - 2 G大阪 (14:34/広島ビ/14,173人)
得点者:7' 佐藤寿人(広島)、27' バレー(G大阪)
80' 二川孝広(G大阪) 、89' 槙野智章(広島)

89'…
前節に続きまたもロスタイムラストのセットプレーからの失点。
学習能力がないんだろかw。

勝ち点1差で首位だった浦和が敗れて2位の鹿島が勝ったため、
鹿島の劇的な大逆転優勝!
10冠も達成とのことで、おめでとうございました。
…終盤、怒涛の9連勝って(@_@;)

何にしても、これで2007年のJリーグは去年と同じ順位の3位で終戦。
ガンバは前半~中盤戦の快進撃、それ以降はお決まりの息切れ。

今年のスローガンは「超攻撃」。
失点は少なかったのかな。
でも最後の最後でロスタイム失点劇場など、勝ちきれない悪い癖が
見られ、優勝を逃しました。

1点取って引いて守り切るという面白くないゲームではなくw、
攻撃で魅せるサッカー、しかもフェアプレーというガンバのカラーは
そのままで'08シーズンこそは頂点に!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。